Menu

気功整体とは

Home
気功整体とは
そもそも気功整体とは?

気功整体の起源は中国

「気功整体」という言葉自体、「気功」と「整体」という二つの言葉を合わせた造語であると思います。

昔、中国南部では薬草が摂れる為、漢方薬などを中心とした治療が中心に発展しましたが、北部においては薬草があまり摂れない為、「気功」や「整体」というものが発展したと言われております。
こうしたものが唐の時代に集大成され、近年日本において独自の発展を遂げたとされております。

人が有意義に日々の生活をおくるためには「健康」が最も大切です。
しかし、高齢化が加速的に進む状況を見ると、医療分野も急速に発展しているにもかかわらず、体に異常を訴える人が増えています。医療分野の急速な発展が、「健康」増進に多大な貢献があるのは事実ですが、反面、対応しきれない分野もあるようです。

そのような疾患の施療に効果をあげているのが「気功整体療法」です。

「気功」「整体」の療法は、中国四千年とも五千年とも言われる歴史があり、先人の労苦のもと日本独自のものとして改良が加えられ、発展してきました。
この療法は解剖学、生理学、病理学などの現代医学との密接な関連のもと、「手技」のみにより施療するものです。施療を受ける事により、体液の循環が良くなり、骨格、筋肉、神経、内臓などの機能が正常化され、人間が本来もっている「自然治癒力」が高められ、各種の疾患に大きな効果をあげるものです。

また、この療法は全身の触診から始まって全身の筋肉、靭帯をほぐし、骨格や関節を調整、矯正を行う「完全手技全身療法」です。
全身にある経絡の流れにそって患部のみでなく施療する事により、効果を高める事が出来ます。
もちろん全く薬物を使わないので、副作用などの心配がない療法です。